園長挨拶

子どもの”能力”は、千差万別です。どの子も何か優れた”能力”を秘めています。そして、その”能力”を開花させるのは、まさにこの幼児期の情操教育。人が理屈をこね始める前の、まっさらなこの時期にのみ『心の芯』が育つからです。『心の芯』とは、ほんとうに信じる力、素直に感じる力、深く感じる力のこと。それはすべてのチカラの源で、頭も体も心という芯のまわりにくっついた枝葉にすぎないと言っていいでしょう。 東桜幼稚園は、仏教に基づく情操教育を建学の理念に、昭和30年に創立した幼稚園です。緑豊かな環境と充実した施設のなかで、子どもたちが明るく目を輝かせながらイキイキ・のびのびと育っていけるよう、全教員が全身全霊を傾けて「心の教育」に取り組んでいます。

園長 村瀬忠雄 東海学園大学名誉学長
東桜幼稚園はこう考えます

幼児期は、子どもたちの『人間形成』のなかでもいちばん大事な”土台づくり”にあたる時期です。でも、ひとくちに”幼稚園”といっても、考え方や育み方は、園によってさまざまです。選ぶポイントは「こんな環境で育てたい」と思われる保護者の方の心や「こんな園に行きたい」という子どもたちの気持ちにピッタリと寄り添う園かどうか、です。

東桜幼稚園
  • 自己否定の上に向上心は芽生えない。ほめて、認めて、自信を育む。
  • ガミガミ・カリカリはタブー。ゆとりある「優しさ」は、子どもたちの心のごはん。
  • むやみに口を出さない。ひとりひとりの個性やペースを見守る目こそ自立の心を促す。
  • いのちの尊さや自然との共生を学びとれる、さまざまな体験の場をつくる。
  • 社会のルールやマナーを自然体で吸収できる園生活にすることを絶えず心がける。

お知らせ

最新の一覧
ページトップへ